denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

Pick up!

<denimba展2017 in 大阪>の概要
2484

<denimba展2017 in 大阪>の概要

今まで東京で開催してきたdenimba展(denimba展2015、denimba展2016)ですが、「西でもやってよ!」という嬉しいお言葉に応えて、大阪でもやることにしました。 以下に<概要>をまとめておきます。 ※展示内容等、このページ...
More

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XXジーンズの色落ち

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XX(大戦モデル)ジーンズの色落ちを紹介します。

このウエアハウスのジーンズは、大戦モデルです。

大戦モデルらしく、ヒップポケットのステッチがペンキステッチになってます。
なるべくペンキが残るように、洗濯回数が少なくなるように穿き込みました。

具体的には、仕事(肉体労働)でクセがつくまで穿いて、それ以降は汚れにくい条件(釣りに行く日や雨の日を避ける)の時に穿きました。

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XXの全体の色落ち

後ろ

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XXのポケットの色落ち

狙い通りペンキステッチが少し残っています。

warehouse(ウエアハウス)1003XX/ヒップポケット

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XXの右の腰の色落ち

ジャストから1インチアップの30インチで穿いています。それでも皺がこまかく付きました。

warehouse(ウエアハウス)1003XX/コシ

裾の色落ち

スソのクッションの形に沿って色落ちしています。チェーンステッチのアタリも綺麗に出ています。

warehouse(ウエアハウス)1003XX/スソ

ヒザの色落ち

他の部分に比べると、色落ちが少ないです。ひざ裏はクセが定まりにくいので、色落ちしにくいです。

warehouse(ウエアハウス)1003XX/ヒザ裏

Return Top