denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

「501XX VS レプリカジーンズ」について

8005 views

501XX VS レプリカジーンズ」は、ビンテージ・デッドストックのLevi’s(リーバイス)501XX と、レプリカジーンズの有名どころ5本を「同時進行、同条件」で穿き込んでいく企画です。

穿き込むジーンズ

P9120049P4280044_edited-2P4280043_edited-3P4280041_edited-3P4280040_edited-2P4280042_edited-2

  • リーバイスの501XXビンテージ・デッドストック。1960年代前半の紙パッチ、隠しリベットあり。
  • DENIME(ドゥニーム)のXXモデル
  • FLATHEAD(フラットヘッド) 3005LIMITED。赤タブあり。
  • FULLCOUNT(フルカウント) 0105
  • WAREHOUSE(ウエアハウス)1000XX。酸化剤入り。
  • WAREHOUSE(ウエアハウス)1001XX

穿き込む条件

なるべく「同じ条件」で穿き込む事によって各ジーンズの色落ち、個性を比較しやすくします。

条件

  1. 穿く人が同じ(私自身)
  2. 穿き込む時期が同じ(日替わりで、6本をローテーション)
  3. 穿き込む時間が同じ(差が出ないように、時間をきちんと記録)
  4. 洗濯方法が同じ(洗剤の有無、表裏、洗濯機の調整など)
  5. 洗濯回数が同じ

サイズ

  • Levi’s501XX(ウエスト31インチ)
  • DENIME XXモデル (31インチ)
  • FLATHEAD 3005Limited(31インチ)
  • FULLCOUNT 0105(30インチ)
  • WAREHOUSE 1000XX(30インチ)
  • WAREHOUSE 1001XX(30インチ)

試着して、股上が浅いと感じたジーンズ(ドゥニーム、フラットヘッド)は31インチ

そうでなければ、30インチを選びました。

Levi’s501XX は表示サイズが縮む前のサイズなので、洗うと30インチになるように選びました。

単純に、全部同じサイズにしてしまうと、股上の浅いモデルは深いモデルと比べて、よりタイトに穿くことになってしまいます。

穿き込み方

2008年3月より、穿き込みスタート。
仕事(肉体労働)でガンガン穿いています。どうしても汚れやすく、頻繁に洗濯。
夏の間は、穿き込みを中止。
仕事がら、夏季は相当に汗をかくので、1日で異常な異臭が・・・。穿く度に洗濯していては、ノッペリした色落ちになってしまい、各ジーンズの個性が出にくくなると判断しました。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

Instagram

Load More