denimba展 in 福岡の開催日が決定!

TCB jeans 50’s (コーンミルズ)/ 穿き込み280時間の色落ち

岡山県倉敷児島の縫製工場・TCB のオリジナルジーンズ

TCB jeans 50’s(コーンミルズ)の穿き込みレポートです。

どんなジーンズ!?という方もいると思うので、まず参考リンクをご紹介します。

TCBブログより、
TCBjeans50’s page2
TCBjeans50’s page3

私が穿いているのは、デッドストックのコーンミルズの生地を用いたバージョンです。

縫製工場のオリジナルらしく、縫製にこだわっているのはもちろん、50’sの時代背景、生活、生産方法、ミシンなどに思いを馳せたジーンズ作りは、とても興味が湧きます。

それでは、色落ちレポートです。

穿き込みデータ

  • 穿き込み時間:280時間
  • 洗濯方法:洗剤ありで洗濯機で
  • 洗濯回数:7回

穿き込み僅かで色落ちしていないので、ジーンズを簡単に紹介します。

こんなデニムのバックに入って届きました。
071101

071102
なんの告知もなかったので、梱包を開けてビックリ!
嬉しいサプライズです。

ヤレた紙パッチ。
071103
最初からいい雰囲気ですね。

私、最大の注目ポイント。
ヨークの縫い合わせ部分のパッカリング。
071104

071105
ここまでパッカリングが強く出るジーンズは珍しいです。
今後、どんな表情を見せるのか、楽しみです。

赤タブ。
071106

中央が膨らんだベルトループ。
071107

ウエストのパッカリング。
071108

早くもアタリが付き始めています。

ウエスト部分のチェーンステッチが出ています。
071111

スソのパッカリング。
071109

071110
見事にうねりが出ていますね。
最高!!

デッドストックのコーンミルズの生地が、どんな色落ちをするのか?
強く出たパッカリングなど、縫製の工夫によるアタリが、どんな表情を見せるのか?

とても楽しみなジーンズです。