denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

15年前の思い出

5768 views

たけちゃんすさんからFULL COUNT 0105の投稿です。

IMG_2521

IMG_2522

IMG_2523

IMG_2524

IMG_2525

IMG_2526

IMG_2527

IMG_2528

IMG_2529

IMG_2531

満を持して投稿させて頂きます(笑)。

当時、屋内ながらも肉体労働のバイトをしていたので
ジーンズを育てるにはピッタリでした。
DENIMEの’30年代モデルを育て上げ、その後にチョイスしたのが、このFULL COUNTの0105です。
当時はまだ渋谷に直営店がなく、沢山のショップを回ってやっと手に入れた1本でした。

DENIMEを穿いていた時、当時痩せ型だった為に日々サスペンダーボタン裏が骨盤の骨に当たり、真っ青に腫れ上がるという苦痛を味わい、自ら取り除いてしまったので、オーソドックスな’50年代モデルを探していました。

STORMY BLUEの大戦モデルと迷ったのですが、東京では手に入りにくかったFULL COUNTを選択しました。

写真を見て分かる通り、財布などのアイテムを所持したままの仕事が許されていたので、ダメージが大きいです。

洗濯回数は数えていませんが、着用2年で10回程度だと思います。
(実家暮らしの中、ジーンズだけは自分で洗濯していたので)
臭いが気になる時は、すすぎの最中に香水を2、3滴入れたりして(笑)やりたい放題でした。

意識したのは捻じれとヒゲで、フロントに穴が開かないように慎重に洗濯していた記憶があります。

その後、渋谷に直営店が出来て、左フロントポケットと右バックポケット、股下部分を無償リペアしてもらいました。
この色落ちで、膝などに穴が開いていない事に店員さんも「店内に飾りたいくらいです」というお世辞も頂きました(笑)。

自分の中で色落ちが完成したジーンズは、当時は欲しい人にあげてしまっていたので、現段階でご紹介出来るジーンズが少なくて申し訳ないです…。

ぼくのジーンズが、本当にお世話になっているdenimbaさんの酒の肴になれば幸いです(^^ゞ

長文、失礼致しました。
今後とも宜しくお願いします。

管理人のコメント

「おっ! きた~!!(笑)」

たけちゃんすさん
投稿ありがとうございます。待ってました(笑)

このフルカウント、キレイに育て上げましたね。
屋内での肉体労働は、埃汚れなどが付きにくそうなので、ジーンズを育てるには最強の環境かもしれません。
洗濯で香水とは、斬新!今では、香る洗剤・柔軟剤がたくさん販売されてるので不要ですね。
時代の先取り!

しっかり出たミミのラインとネジレ、各部のパッカリングとステッチ切れ。そして絶妙なタテ落ち感、爽やかなブルー。
フルカウントの名作の魅力が見事に引き出されています。
飾りたくなるスタッフの気持ちがよく分かります。売上にモロに貢献しそうです。

このジーンズは手放さないで下さいね!
いつか、実物を見てみたいです。

たけちゃんすさんのジーンズ写真でお酒を飲み過ぎて記事が書けず、公開が遅くなってしまったことをお許しください(笑)

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

Instagram

Load More