<メモ>靴は”履く”、ジーンズは”穿く” 

地元の服屋のジーンズ

BCEさんからたぶんウエアハウス製の投稿です。

BCEさんのコメント

15,6年前、当時は地元の服屋がウエアハウスに別注してオリジナルのジーパンをたくさん作ってました。
今もその服屋にはよく行きますが、今はもうそんなことはできないと云ってました。

このジーパンはかなり太目のジーパンで、当時の私は体重が70キロくらいありジャストサイズでしたが、
今は60キロくらいに痩せたのでここ5,6年あまり履いてなかったのですが、
久しぶりに履いてみたらけっこういい感じです。

残念なことですが「ウエアハウス」にしても「ドゥニーム」にしても最近のモノは10年以上前の製品に比べてたら味がなくなっていますね。

最大手のリスペクトすべき「リーバイス社」が日本のメーカーに法的手段をとって、赤タブやバックポケットのステッチの付け方にも登録商標を盾に、いちいち文句を言ってきて、昔みたいに自由に作れなくなった・・・・・と、服屋の人にきいたことがあります。
「リーバイス社」の言い分は確かに正論ですが、なんとなく残念な話ですね・・・。

投稿写真

p1002886

p1002887

p1002888

p1002889

管理人のコメント

BCEさん、いつも投稿ありがとうございます。

モモとヒザ周りのひげがしっかり出ていて、いい色落ちですね。上から下まで綺麗に出た耳のアタリにも惹かれます。
お尻は、リーバイスって感じですね。昔のウエアハウスは攻め攻めでした(笑)
当時、本家の復刻品の出来が良ければ、今とだいぶ状況が違っていたでしょうね。ある意味、リーバイスのおごりが、レプリカからスタートしたジーンズブランドを育てたのかもしれません。

それでは、また!

shingo