足袋とくらしの博物館

埼玉県行田市にある「足袋とくらしの博物館」に行ってきました。
大正12年頃(1923年頃)に建てられた足袋工場をそのまま保存して博物館にしているようです。

ぐるりと窓に囲まれていて自然光がたっぷり。

古いミシンとアジの出たミシン台の雰囲気が最高。

DSC_0243

ほとんどsingerのミシンでしたが、どれも改造してありました。

DSC_0242

DSC_0244

DSC_0239

DSC_0240

DSC_0241

足袋とくらしの博物館

足袋とくらしの博物館(埼玉県行田市) 「陸王」ヒットで再び注目