denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

Column( 3 )

Category
RESOLUTE(リゾルト)をオーバーサイズ、洗濯ひかえめ、乾燥機なしで穿いてみる。
46655

RESOLUTE(リゾルト)をオーバーサイズ、洗濯ひかえめ、乾燥機なしで穿いてみる。

以前から興味のあったRESOLUTE(リゾルト)に初挑戦します。 リゾルトと言えばデザイナーの林さん。レプリカジーンズやドゥニームを広めた方として有名ですよね。 林さんのブログ「たかがジーパンや!」ご覧になっていますか? ブログを読んでいると何となく林さんの考え方が伝わってきます。 リーバイスの66が大好き。リーバイス...
1950s 501XX Dead Stock 100万円
11761

1950s 501XX Dead Stock 100万円

1950年代初期のリーバイス501XXのデッドストック。 レザーパッチ、両面赤タブ、イエローアーキュエイト・・・。 60年代前半の501XXギャラなし紙パッチは、「デッドストック」から「穿き込みました」。 いつかは、最高の色落ちと言われる1950年前後のレザーパッチ501XXをデッドストックから穿き込みたい。 100万...
フロントポケット作ってみました!
1227

フロントポケット作ってみました!

ジーンズの理解を深めるために、縫い方を勉強中です。 先生はhands onの山口さん。 工程が素人の私には難解ですが、何とか形になりました。 キチンとできているかは、自信がありません(汗) 自分で縫ってみると見えてくる事がある、と考えています。
清人さんと激闘
2340

清人さんと激闘

最近見つけたブログ「清人のブログ」 ウエアハウス、ドゥニーム、ジョーマッコイなどなど、たくさんのジーンズを紹介しているブログです。 記事を読んでいると、清人さんが、やたらと近くに住んでいる様子。 ぜひお会いしたい!と思い、「お互いのジーンズを持ち寄ってお会いしませんか!?」とお誘い。 快諾して頂きました。 二人して、車...
東京・新宿伊勢丹に出店中のダブルボランチに行ってきた
2851

東京・新宿伊勢丹に出店中のダブルボランチに行ってきた

先日ご紹介した沖縄のダブルボランチが東京にやってくる!ですが、さっそく行ってきたので、様子をレポートします。 棚には試着用のジーンズ。 ダブルボランチの店主で職人の國吉さんが縫った、ダルチザンのチャンプルージーンズも販売。 私が居る間に、エドウィンを穿いていた若いお兄さんが買っていました。 「これをきっかけに、ディープ...
ジーンズ・バックポケットのリペアの様子
1916

ジーンズ・バックポケットのリペアの様子

denimbaのYouTubeチャンネルを久しぶりに見ていたら、懐かしい動画があったのでご紹介します。 この動画は、岡山にあるジーンズのリペア&リメイク工房 hands-on(ハンズオン)に行ってきた時に撮った動画です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 岡山のhands-on(ハンズオン)に行ってきた このように大量...
ユニオンスペシャルでのスソ上げの様子
1160

ユニオンスペシャルでのスソ上げの様子

denimbaのYouTubeチャンネルを久しぶりに見ていたら、懐かしい動画があったのでご紹介します。 これは、岡山の縫製工場SPYさんにおじゃました時に撮影させてもらいました。 実働するユニオンスペシャルと、職人さんの手さばきに興奮したのを思い出します。
キバタのデニムはデメリットのかたまり
16131

キバタのデニムはデメリットのかたまり

ジーンズ作りを通して私が、デニム生地に関して教わり、学び、勉強した事を皆さんと共有したいと思います。 今回は、キバタのデニムについて。 まず、「キバタ」とは整理加工されていない生地の事をいいます。 整理加工とは、縮み、ねじれ防止や毛焼きなどの加工です。 キバタのデニムを一言で表すと「とても不安定な生地」 これは、製品と...
ノンウォッシュのデニム
4415

ノンウォッシュのデニム

ジーンズ作りを通して私が、デニム生地に関して教わり、学び、勉強した事を皆さんと共有したいと思います。 今回はノンウォッシュのデニムについて。 denimbaを覗いてくれるような皆さんは、ノンウォッシュのデニムと言えば、キバタ(洗うと縮んでねじれる生地)を思い浮かべるのでは!? 私の様にビンテージやレプリカ系のジーンズが...
WAREHOUSE 1003XX 穿き込み4700時間と9300時間の比較
4890

WAREHOUSE 1003XX 穿き込み4700時間と9300時間の比較

WAREHOUSE(ウエアハウス)1003XXは、あえて洗わずに穿いています。 あえて洗わずに穿いてみる。穿き込み8720時間 今回は、モモの色落ちに注目して、穿き込み4700時間と9300時間の色落ちの違いを見てみます。 まずは、2011年12月。穿き込み4700時間の色落ち。 そして、2013年2月。穿き込み930...
Return Top