denimba展 in 福岡の開催日が決定!

Levi’s(リーバイス) 501XXビンテージ/穿き込み1400時間の色落ち

ジーンズ色落ち対決:501XX vs レプリカジーンズで穿き込み中の、リーバイス501XX (ビンテージ)の写真を撮ったので紹介します。

データ
  • 穿き込み時間:トータル1374時間
  • 洗濯回数:トータル12回
  • 洗剤:あり5回、なし7回

※撮影環境が変わったため、写真を撮り直しました。以前の写真は最後にまとめてあります。他のジーンズと比較する際は、そちらをご覧ください。
※この記事は、2011年5月に作成したものを、2011年10月に再編集したものです。

定点観測的に

全体

各部分

特徴的な部分

ボロボロの紙パッチ


破れるというより、ボロボロ崩れていく感じです。

フラットなベルトループ

左バックポケット


私お気に入りの部分。
1本だけクッキリ出たタテ落ち。
トランシーバーのアタリと、それに沿って切れた飾りステッチ。

クルッと丸まった赤タブ

バックヨークのパッカリング


う~ん、美しい。

バックポケットのパッカリング


ここが、これだけキレイにアタリの出るジーンズは、少ないです。
他の5本のジーンズも見てみて下さい!

スソのアタリ


いいですね~。
スソ上げしていないので、オリジナルのチェーンステッチです。

コシの皺

コインポケット


やけに、よれています。でも色が落ちてくるとカッコいい。
生地が縦に使われています。

スソの上のクッション


クッションに沿って色落ちしています。
この立体感が好き!
ジーンズがこの形状を記憶しているので、洗ってもこうなります。

生地のタテ落ち感


マイルドなタテ落ち。

以上、Levi’s(リーバイス) 501XXビンテージ/穿き込み1400時間の色落ちレポートでした。