denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

「仕事と日常(洗濯多め)」穿きの、色落ち比較

14004 views

仕事」で着用したジーンズ、「日常生活で洗濯多め」で着用したジーンズ。
色落ちにどんな違いが出るのか?
実際に同じ2本のジーンズを穿き込んで、色落ちを比較してみました。

「仕事」は肉体労働。
「日常生活(洗濯多め)」は、仕事以外(初期だけアタリ付けの為、仕事で着用)。室内での着用が多いです。

正確な検証をするために、穿き方と洗濯頻度以外の条件をなるべく同じにしました。

同じ条件

  1. 穿くジーンズが同じ。(シュガーケーン1947。購入店、時期も同じ)
  2. ジーンズのサイズが同じ。(30インチ)。サイズ違いの色落ちは、同じジーンズを「サイズ違い」で穿い、色落ちを比較してみた。でご覧ください。
  3. 穿く人が同じ。(私自身)
  4. 洗濯方法が同じ。(洗濯機で洗剤あり、表のままで)

それでは、レポートします。
ジーンズを並べて撮ってある写真は、左が「仕事」、右が「日常生活(洗濯多め)」です。
(途中で、左右が入れ替わります・・・)

全体

最初に「仕事」、次に「日常(洗濯多め)」

フロント

101804101802
サイズが同じにもかかわらず、コシ周りにはっきりと違いが。

バック

101803101801
ヒザ裏、スソのクッションのアタリに、はっきりと違いが。

クローズアップ

お尻

101806
トランシーバーのアタリ。
「仕事」の方が、トランシーバーによるダメージが強い。
「日常(洗濯多め)」は、初期だけ仕事で着用していたので弱い。
101803
「仕事」のポケット口にダメージ。

ヒザ裏

101807

101804
面白い結果が。
「仕事」の方が濃淡があるが、「日常(洗濯多め)」の方が広範囲に細かくアタリが付いています。
日常穿きが、想像以上に健闘。室内での着用は、思ったよりヒザ裏が擦れるのかもしれません。

スソ付近

101808

101805
「仕事」の方が、スソのクッションに沿った色落ちがクッキリ。
これは、仕事で穿いているブーツや長靴の影響です。
「日常(洗濯多め)」の方が、かかと部分が破れています。
これは、室内穿きの影響でしょう。

コシ

101809

101812
「仕事」の方が、皺がクッキリついて濃淡のある色落ち。

モモ周辺

101810

101813
「仕事」の方が、ヒゲがしっかり出ています。ヒザ周りのアタリもくっきり。
「日常(洗濯多め)」の方が、白地が綺麗で清潔感があります。

違いがはっきり分かる部分の拡大写真

左右が入れ替わって、左が「日常(洗濯多め)」、右が「仕事」です。

101816

101819

101818

101820

101817

感想

コシ周りの差が想像以上でした。
同じフィット感にもかかわらず、「日常(洗濯多め)」がやたらとボ~ッとした色落ち。もう少しコントラストが出ると思いました。

モモ、ヒザ周りは予想より差が少なかったです。

意外だったのが、「日常(洗濯多め)」のヒザ裏のアタリ。
正直、まったく蜂の巣状のアタリが出ないと思っていました。
室内履きで、しかも洗濯多めですからね。
実際にやってみないと分からなかった点です。

以上、「仕事と日常(洗濯多め)」穿きの、色落ち比較のレポートでした。

おすすめの関連記事

今回のレポートに関係するかな~と思う記事を紹介します。

1.同じジーンズを「サイズ違い」で穿い、色落ちを比較してみた。
実は、3本の同じジーンズを穿き込んでいました。

2.あえて洗わずに穿いてみる。穿き込み4700時間
洗濯1回のみ、室内穿きのジーンズです。

3・FULLCOUNT(フルカウント)1880Gの色落ち
夏場にガンガン洗ったジーンズです。仕事で着用。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

Instagram

Load More