denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

Pick up!

<denimba展2017 in 大阪>の概要
2805

<denimba展2017 in 大阪>の概要

今まで東京で開催してきたdenimba展(denimba展2015、denimba展2016)ですが、「西でもやってよ!」という嬉しいお言葉に応えて、大阪でもやることにしました。 以下に<概要>をまとめておきます。 ※展示内容等、このページ...
More

ノンウォッシュのデニム

ジーンズ作りを通して私が、デニム生地に関して教わり、学び、勉強した事を皆さんと共有したいと思います。

今回はノンウォッシュのデニムについて。

042008

denimbaを覗いてくれるような皆さんは、ノンウォッシュのデニムと言えば、キバタ(洗うと縮んでねじれる生地)を思い浮かべるのでは!?
私の様にビンテージやレプリカ系のジーンズが好きな方は、特ににそうだと思います。
実際は、(ほとんど)違いました。

以前に岡山の生地屋さんに行った時の記事を覚えていますか?
岡山の生地屋さん、コレクトに行ってきた。
生地屋さんでデニム選び

沢山の種類のデニム。
それぞれに、ノンウォッシュ、ワンウォッシュ、加工されたものが用意されています。
042003

042002

042004

ここで見たノンウォッシュのデニムのほとんどは、キバタではなく整理加工済みで縮まずねじれない生地でした。
知人の職人さんは「98%は、キバタじゃないよ」と。
ビンテージやレプリカ一辺倒の私は、本当にビックリしました。

キバタのデニムは、ほとんど売っていない・・・。
つまり、ニーズがないという事でしょう。

一般的には、ノンウォッシュのデニム=縮まずねじれない未洗いのデニムだったわけです。

私が好むジーンズが、いかに世間ではマイナーなものなのか、思い知りました。

4514
Return Top