漂白剤とジーンズには距離が必要

虎吉さんからリゾルト710の投稿です。

虎吉さんのコメント

去年の9月、友人から「新品のリゾルト買わない?」との電話が。
友人いわくギッチギチのジャストでネット購入したところ予想以上にきつく、穿けなかったとのこと。
試着しに行くと私にはピッタリのサイズ。2万以下なら買うと伝えると1万8千円でいいよということで購入。
2万以上のジーンズは買わない私にはリゾルトなんて無理と思っていたのでウハウハでした。

洗濯回数はかなり多いですがヒゲなども刻めました。適当に穿いて洗ってを繰り返してもそれなりの色落ちになり、リゾルトの凄さを実感しました。
股間付近に白い点落ちがありますが、これは嫁さんが漂白剤を使う際に飛沫が跳ねてついたものです。

私のジーンズの脇で漂白剤のお湯割りを平気で作る嫁さん。

我が家では平常運転です。怒りません。我慢です。忍耐です。

投稿写真

dsc_0001

dsc_0002

dsc_0006

dsc_0008

dsc_0011

管理人のコメント

虎吉さん、今回も、投稿ありがとうございます。

寅吉さんは、いつも奥様に優しいですね。そして自制心がある(笑)
もし、うちのカミさんが、ジーンズの横で漂白剤を使っていたら、私は間違いなく顔を真っ赤にして怒ります。理解があるので、そういう事はないですが。

かなり色が薄くなっていますが、ヒゲがきちんと出てきてよかったですね。ヒゲがないと、ただの洗い加工のジーンズになってしまうので。膝から放射状に出るヒゲが目をひきます。
バックポケットとバックヨークのパッカリングも強く出ていて、いい表情です。
紙パッチはかなり洗い込んでもちぎれないんですね。意外でした。

これからも、奥様の攻撃をうまくやり過ごして、ジーンズライフをお楽しみください。

ありがとうございました!

shingo