denimba展 in 福岡の開催時期について

bridge 2nd CR /02 穿き込み4ヶ月の色落ち

私自身が穿き込んだbridge 2nd CR /02 (ファーストロット)の色落ちをレポートします。
02生地で作ったbridge 2nd CR です。02生地に関してはこちらをご参照ください。「新生地(02生地)

穿き込みデータ

  • 着用期間: 4ヶ月
  • 着用時間: 1200時間
  • 洗濯回数: 10回
  • 洗剤: 6回使用
  • 乾燥機: 使わず

写真の加減で全体的に明るい青っぽく写っていますが、実際はもう少し黒っぽい青です。

新しく使い始めたこの02生地ですが、感想を一言で表すと「しぶとい生地
元々の色が濃い上、なかなか白地が出てきません。この特徴から、穿き込んでいくと、擦れない部分はしっかり色が残って、よく擦れる部分だけ色落ちしていくと予想しています。
辛抱強く穿いていったら、かなりメリハリのある表情になるでしょう。

現在、穿き込み4ヶ月でまだまだ変化の乏しい色落ちですが、ざっと見ていきましょう!

フロント

ウエスト29インチをジャストで穿いています。
ちなみに私の身長は163センチ、体重は60キロです。
IMG_4113

2nd CRは、腰とお尻回りにゆとりのあるシルエットですが、ジャストで穿いているため腰にヒゲが入っています。
IMG_4115

IMG_4117

IMG_4120

一番下のフロントボタンのアタリが出ています。
IMG_4121

出始めたモモのヒゲ。
IMG_4122

IMG_4123

周りに比べて色落ちが進行しているヒザ部分。子供の世話でよくヒザを付くので、こうなっています。
IMG_4116

次の写真の色味が、実際の色に近いです。
IMG_4140

01生地に比べて強くている縦落ち感もご確認ください。
IMG_4134

IMG_4135

IMG_4138

IMG_4139

この生地、耳のアタリも期待できますよ!
IMG_4141

IMG_4142

バック

ヒザ裏の皺の入り具合が、まずまずです。
IMG_4112

バックポケットの隠しリベット部分と折り代のアタリが目立ちます。
IMG_4114

摩擦によってボソボソしてきた飾りステッチ。
IMG_4151

隠しリベット部分とピスネーム。
IMG_4124

IMG_4148

IMG_4147

革パッチ。シボ感のあるミネルバボックスという革です。
IMG_4126

IMG_4150

うっすらbridge刻印が見えます。
IMG_4149

バックヨークのパッカリングも少し確認できます。
IMG_4127

ヒザ裏。まだまだ変化が少ないですが、下地はできています。蜂の巣がクッキリ出てくる頃には、全体の色落ちがエラいことになっているでしょう。楽しみ!
IMG_4130

IMG_4131

最後に、裾部分。
濃淡クッキリっぷりが、02生地の特徴をよく表していると思います。
IMG_4132

IMG_4152

IMG_4153

最後に

以上、bridge 2nd CR /02 (ファーストロット)の色落ちレポートでした。

bridge 3rd 、bridge SAを含めてこの02生地で、私より色落ちしている方はいるでしょうか?
まだまだ使い始めて間もない生地です。
皆さんが穿き込んで、どんな色落ちになっていくのか、ワクワクしながらお待ちしています。

色落ちコンテストも企画するので、一緒に楽しんでいきましょう!

先日、岡山から追加生産分が上がってきたので、今週中にdenim bridge webstoreにアップします。
bridge 3rd /02 も来年に入ってから生産予定です。

参考リンク

bridge 2nd CR /02 の概要と簡単な解説

※この記事は、bridge 2nd CR /02 穿き込み4ヶ月の色落ち | denim bridgeからの転載です。