工場での1ウォッシュ・タンブラー乾燥の効果

私のブランドdenim bridgeでは、1ウォッシュモデルを販売していた事があります。
工場にて高温で洗い高温で乾燥させたモデルです。

この製品を手にして私が感じた、工場で1ウォッシュ・タンブラー乾燥されたジーンズの特徴をご紹介します。
言い方を変えると、ジーンズが、熱を加えて洗濯・乾燥機でグルングルン回されるとどうなるのか?

注意
以下は、キバタのデニム(防縮加工していない生地)で作ったジーンズを工場で洗濯・乾燥した例です。

凹凸が出る

高温でギュッと縮める影響から、凹凸が出てきます。

生地表面にザラ感

bridgeの01生地の場合、タテ糸が立ってきて生地表面にザラ感が出ました。
01生地は緩めに織ってあるデニムなので、この効果が出たと思います。

例えば、UNIQLOの様に均一でノッペリしたデニムの場合は、変化を感じられないでしょう。

パッカリング

縫製によるパッカリング(ヨレ)が目立ってきます。
022211

022212

022213

022216

耳がウネウネ

022217

022218
この状態で耳だけに糊を付けて、耳の波打つようなアタリを強く出す方もいます。

柔らかくなる

仕上がりが、ふんわりソフトになります。
原因は、機械の中で揉まれ叩かれるからでしょう。

しっかり縮む

高温で処理することで、これ以上縮まない位まで縮みます。
穿く人のサイズ合わせが容易になりますね。

コインランドリーでも

工場程ではないにせよ、街のコインランドリーで洗濯・乾燥しても同じような効果があると思います。
もし販売する場合は、しっかり洗って縮ませてからサイズチャートを作ると、サイズトラブルが避けられるでしょう。