denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

WAREHOUSE(ウエアハウス)LEE 1920’s model

4474 views

ウエアハウスのリーモデルのジーンズの色落ちをレポートします。

1920年代のLEEのジーンズがモデルのようです。

シルエットは細め。
ウエスト29インチ。私にとってのジャストサイズです。

全体像

ヒザ裏、スソのクッションに沿ったアタリがよく出ています。
細身のジーンズの色落ちの特徴。
080501

コシ周りの細かい皺。
モモのヒゲが弱い。
ジャストサイズ、細みのジーンズの色落ちの特徴。
080502

コシ周り

左に付いた革パッチ。バックル。サスペンダーボタン。バックポケットのむき出しリベット。
フル装備ですね。
080508

トリプルステッチ。
パッカリングは出ませんが、この雰囲気もカッコいい。
080535

080533

パッチ

最初からこんな感じに加工されていていました。印字もなし。
変化した所といえば、ちょっと破れたくらいです。
この質感はかなり気に入っています。
080503

バックポケット

トランシーバーのアタリ。
色が抜けて白っぽくなった飾りステッチ。
ポケット内に当て布があるのが、表からも分かります。
080505

080506

むき出しリベット。
080507

バックル

ベルトループの下部の高さに付いています。
微妙な位置ですが、私はこの状態でベルトを通して穿き込みました。
080504

尻付近

若干ですが、横方向にアタリが付いています。
ジャストサイズで穿くと、こんな色落ちをする場合があります。
080511

ヒザ裏からスソ

細かく皺が付いています。
チェーンステッチのアタリもキレイ。
080509

080510

080512

080513

080514

080515

コシ周辺

ジャストで穿いている為、非常に細かい皺が付いています。
色落ちの濃淡もクッキリ。
080516

080527

080528

コインポケット。
080529

フロントポケット口の脇の変わった縫製。
080526

ベルトループ。
080531

フロントボタン。
WH UNION-ALLS
080530

良い感じでさびています。
カッコいい!
080532

ボタンホール。
ひとつひとつが、ステッチで仕切られて部屋になっています。
慣れるまで止めづらい。
080534

股部分の変わった縫製。
080525

モモ、ヒザ周辺

ヒゲが薄い。
ジャストで穿くとモモのヒゲが出にくくなります。このジーンズのように細めだとなおさら。
080517

080518

スソ

クッションに沿った色落ちが確認できます。
080520

080521

アウトシーム

私一番のお気に入り部分。
波打つアウトシームの色落ち。
この部分は、トリプルステッチで織り重ねて縫われているので、かなり厚みがあります。つまり硬い。
その為、コシからスソにかけての弛みをジーンズが記憶しています。
膨らんだ部分とへこんだ部分の色落ちのコントラストが美しい。
080522

080523

シャドウ

バックヨーク、バックポケットによる「インディゴブルーのシャドウ」
080536

080537

「シャドウ」って何だ!?という方は、こちらで解説しているのでご覧ください。

インディゴブルーのシャドウ

以上、WAREHOUSE(ウエアハウス)LEE 1920’s modelでした。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

4475 views

Instagram

Load More