denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

hands-on 所有のVintage Levi’s 501XX 紙パッチ

3558 views

以前、岡山にある、ジーンズのリペア&リメイク工房 hands-on(ハンズオン)に行ってきた際に、写真を撮らせてもらった、hands-on 山口さん私物の、ビンテージリーバイス501XXをご紹介します。

山口さんが、自分で穿くために自分でリペアしたものです。

それでは、ご覧ください!

全体像。
な~んか、レプリカと雰囲気が違うんですよね。
なんか・・・。
101701

ミミの不規則な幅。強烈なねじれ。不規則なタテ落ち感。生地の織り傷。
すべてが魅力的です。
101702

シワの寄ったコインポケット。
タテに生地が使われています。(セルビッチがポケット口に来ない)
101603

強く出たパッカリング。糸切れした飾りステッチとその部分のインディゴの色残り。
いい面構えのバックポケットです。
101703

僅かに残った紙パッチ。
パッチによって保護されていたインディゴ。
101605

ベルトループの補強。
ミミ部分を使っています。
カッコいい!
101607

目立たない糸で補強されたポケット口。
切れた綿糸の雰囲気を残しつつ、強度を確保。
101611

ベルトループの受けの部分の補強。
101608

目立たないですが、ここにも予め、補強が入っています。
ダメージが出る部分を熟知しているので、穿き込む前に予防策。
101609

こちらも、切れた綿糸の雰囲気を残すように、目立たないようにリペア。
101610

いいリペア屋さんに巡り合えば、ジーンズって、本当に一生モノですね。

それにしても、ビンテージってやっぱカッコいいな~。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

Instagram

Load More