お爺ーパン

デブケンさんからDENIME XXの投稿です。

オークションで手に入れたドゥニームXXです。
が、届いてビックリ!すごいリペアだらけ! 非常に丁寧な直しです。まだまだ生地もガッシリしててガンガン履けます。なかなかここまでリペアしながら我慢して履く人は少ないんじゃないでしょうか。だって、ここまでくると新しいジーパン買えそうですもん。

ジーンズが作業着だった時代のアメリカ。作業者達は仕事が終わり、家路に着いたあと、その日履いたジーンズを奥さんに洗濯してもらったり、手縫いで修理してもらったり。 現在の多くの人とは違って、ボロボロになるまで履いてたんかな~。    とかアホな妄想しながらビールが飲めるジーンズです。

投稿写真

DSCF9400DSCF9403DSCF9404DSCF9416DSCF9418

管理人のコメント

デブケンさん、お久しぶりです!
投稿ありがとうございました。

すんごい手のかかったジーンズですね。
ボロボロでも、きちんと直してあるジーンズって、ほんとカッコいいです!!

どんな人が穿いていたんだろう?何年くらい、どんな穿き方をしたんだろう?
そして、どうして手放したんだろう?
私も、いろいろ想像、妄想してしまします。

今夜は、このジーンズでお酒が進みそうです(笑)
いい肴をありがとうございました!

2 COMMENTS

taka0105

僕も自分の穿き込んでるジーンズこういう風にするのが夢です。

良い味出てますよね~^^

shingo

浮気してたら無理でしょうね(笑)

現在コメントは受け付けておりません。