「厳選色落ちサンプル」更新しました。 

新章突入

チャリンコ侍さんからPBJ18oz.SuperSlubbySlimTapered&CigaretteSlimの投稿をいただきました。

チャリンコ侍さんのコメント

拝啓 デニムのバッカ(キリスト)Shingo様
遅れ馳せながら明けましておめでとう御座います。
denimba展’2017では楽しい時間をありがとうございました。

拙者、2017年からPureBlueJapanさんのGパンを穿き始めました。
初年度は2015年に発売されました18ozのザラザラセルヴィッジデニムを穿きました。
通年、一年間一本を集中的に穿きますが、2017年は2本穿く事に成りました。
と云いますのは、18ozテーパードスリムを元旦より生で穿き始めましたが、
約5ヶ月間(150日間)、穿き込み時間3080時間で、股部分の崩壊が限界に達した為、穿き込みを中断しました。

そして、6月からはストックの同生地シガレットスリム(現在終売)を生で穿き始めました。
そちらも約4ヶ月間(116日間)、穿き込み時間2344時間で臀部のステッチが切れ、パンツ丸見え状態に成った為、穿き込み中断しました。

その2本は初洗いを行い、裾上げ&リペアの為にPBJ原宿様へお預けしました。
その内、シガレットスリムが先に戻って参りましたので11月のdenimba展の時から再び穿き始めました。

それから2ヶ月間穿き込み、12/31をもって穿き込みを終了致しました。
穿き込み総日数176日間、総時間3501時間です。
洗濯は月イチでドラム式洗濯機にて表洗い、洗剤ナノックス、乾燥機無しです。

同じSuperSlubby生地でシルエット違いを2本穿きましたが、この生地は超ムラ撚り糸、低テンション織りで、色落ちはもの凄く早かったですが、生穿きと云う反則技のせいもあり破れも早かったです。
生での穿き始めは、超ザラザラで膝裏等々生身が擦り切れましたが、洗いを掛けてからはとても柔らかく、穿き易い生地でした。

写真は分かり憎いですが、その2本です。
1枚目はテーパードスリムの前股部分の崩壊写真、
2枚目はシガレットスリムの臀部崩壊写真、
3枚目からは右(レングスの長い方)がシガレットスリム。左(レングスの短い方)がテーパードスリムです。

今はPBJの虜に成っておりますので、
此の熱は暫く続きそうです。

敬具

投稿写真

管理人のコメント

チャリンコ侍さん
denimba展の際は、大変、お世話になりました。
いつも敬称が大袈裟すぎますよ(笑)

ムラ糸の弱テンション織りで未洗いだと、かなりスカスカ状態のデニムなので、ダメージが出るのはしょうがないですね。洗えば目が詰まってくるのですが。
チャリンコ侍さんは、これを理解の上であえての穿き込みですよね!

自分もこのデニムに近いジーンズ(鬼デニム)を穿いた事がありますが、穿き心地は見た目とは対照的に柔らかく、色落ちが早かったです。

膝裏の蜂の巣、裾にかけてのクッション落ちは、もはやチャリンコ侍さんの十八番色落ち!!
今年もdenimba展をやる際には、また飾らせてください。

また一緒にイベントをやりたいです。

いつもサポートありがとうございます。

shingo

おまけ

以下のページに、私が穿き込んだジーンズの写真をまとめて掲載しています。合わせてご覧ください。
denimba展2015に持ち込む、私が穿き込んだジーンズ