denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

ビンテージ501XX(革パッチ)の色落ち

Category
ビンテージ・リーバイス501XX(502XX)両面革パッチ・リサイズ、糊落とし前の写真

ビンテージ・リーバイス501XX(502XX)両面革パッチ・リサイズ、糊落とし前の写真

このジーンズは、ビンテージリーバイス502XX(501XXのビッグサイズ)をリサイズしたものです。 推定1953年頃生産、デッドストック(未洗い)、革パッチ、両面タブのヴィンテージリーバイスです。 リサイズ前はこちら。 このジーンズを自分サイズにリサイズして穿き込んで、色落ちなどを検証していきます。 参照: リサイズ前...
LEVI’S 501XX(502XX) 革パッチ・デッドストックを解体しちゃいました。

LEVI’S 501XX(502XX) 革パッチ・デッドストックを解体しちゃいました。

100万円のジーンズを10万円で穿く秘策(妥協とも言う・・・)でご紹介したとおり、私が手に入れたスーパービッグなリーバイスの501XX 革パッチ(正確には502XX)がこちら。 Vintage LEVI’S 501XX(502XX) Leather Deadstock ヴィンテージのリーバイス501XX(5...
100万円のジーンズを10万円で穿く秘策(妥協とも言う・・・)

100万円のジーンズを10万円で穿く秘策(妥協とも言う・・・)

いつかは、リーバイスの501XX 革パッチをデッドストックから穿きたい。 そう思っていました。もちろんヴィンテージのものを。 しかし、値段を調べるとデッドストックとなると100万円とかします。 これは、どう考えてもムリ。というか悩みもしない値段です。 「何かを得るには、何かを失わなければならない」 私の最大の関心事は、...
革パッチ・リーバイス501XX(生地)って本当のところ、どんな色落ちをするのか?

革パッチ・リーバイス501XX(生地)って本当のところ、どんな色落ちをするのか?

1950年前後のLEVI’S 501XX 革パッチ。 デッドストックでは、100万円もの値段が付くビンテージジーンズです。 誰もが認めるリーバイスの逸品として、多くのレプリカジーンズを生み出してきました。 日本のジーンズは、どこまで501XXに迫ることができているのでしょうか? 古着で、当時の人たちが穿き込...
1950s 501XX Dead Stock 100万円

1950s 501XX Dead Stock 100万円

1950年代初期のリーバイス501XXのデッドストック。 レザーパッチ、両面赤タブ、イエローアーキュエイト・・・。 60年代前半の501XXギャラなし紙パッチは、「デッドストック」から「穿き込みました」。 いつかは、最高の色落ちと言われる1950年前後のレザーパッチ501XXをデッドストックから穿き込みたい。 100万...

Instagram

Load More