denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

hands-on ジーンズ・穿き込み700時間の色落ち

2206 views

岡山にある、ジーンズのリペア&リメイク工房 hands-on(ハンズオン)のオリジナルジーンズです。

詳しくは、こちらでご覧ください。

穿き込みデータ

  • 2011年9月22日に穿き込みスタート
  • 穿き込み700時間
  • 洗濯11回、洗剤あり
  • 肉体労働で着用

かなりしぶとい生地で、なかなか色落ちしませんが、ちょっとした変化をレポートしたいと思います。

まずは全体。

全体に明るいブルーに。
121501

分かりにくいですが、モモ周辺が色落ちしてきています。
左綾の生地の為、スソに向かって左にねじれています。
121502

麻のラベル。
インクが少しかすれてきています。
121503

ガッチリ絞った、尾錠。(ジャストから、3インチアップの32インチで穿いています。)
絞ってできた皺にそって色落ちし始めています。
今後が楽しみな部分。
121504

トランシーバーに沿った色落ち。
最も色落ちしている部分です。
ここを最初にリペアしてもらう事になるでしょう。
121505

バックポケット口のパッカリング。
わずかに出てきています。
今後の成長に期待。
121506

剥げて艶が出てきたフロントボタン。
121507

ぽっこり中盛り仕様のベルトループ。
121508

錆が出たリベット。
121509

モモ周辺に出始めた、タテ落ち。
生の時はかなりフラットな生地でしたが、穿き込むにつれて凹凸感が出てきました。
不思議な生地。
121510

ヒザの横の皺と、ミミのアタリ。
まだ、微かにといった感じ。
121511

以上、hands-on ジーンズ・穿き込み700時間の色落ちレポートでした。

<関連リンク>

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

2207 views

Instagram

Load More