denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

hands-on ジーンズ1st 穿き込み1300時間の色落ち

2828 views

岡山にある、ジーンズのリペア&リメイク工房 hands-on(ハンズオン)のオリジナルジーンズです。

詳しくは、こちらでご覧ください。

先日、hands-on ジーンズのセカンドモデルの製作が発表されていたので、私が今穿き込んでいるモデルを今後、hands-on ジーンズ 1stと表記します。

穿き込みデータ

  • 穿き込み時間:1300時間
  • 洗濯:20回、洗剤あり、洗濯機で
  • 肉体労働で着用

ガンガン穿いてガンガン洗っています。

それでは、写真をご覧ください!

全体像

ズドーンとした太いシルエット。
それを2~3インチアップで尾錠を絞って穿いています。
080301

080302

定点観測的に

コシ周辺

ガッチリ絞ったバックシンチに大きめのポケット。
080303

080304

バックポケット

ポケット口にパッカリングが出ています。
080305

トランシーバーに沿ったアタリ。
080306

ヒザ裏

太いシルエットでしなやかな生地なので、ヒザ裏のアタリに期待していませんでしたが、
キレイに出てきました。
080307

080308

コシ

ルーズなためクッキリとはいきませんが、シワに沿って色落ちしています。
ちょっと汚れているのは肉体労働ならでは。
080309

080310

ヒザ周辺

ヒザの脇のシワの入り方と、ミミのエッジの内側に残った青さがお気に入り。
080311

080312

スソ周辺

スソも太く、また、いつもより短めにカットした為、クッションの色落ちがひかえめ。
080313

080314

クローズアップ

ガッチリ絞った尾錠

いい表情です。
080315

080316

ヤレたラベル

インクのかすれ具合がいい感じ。
080317

トランシーバーの形に沿ったアタリ

強い生地ですね。まだ破れてきません。
080318

タテ落ち

全体シャーシャーと出たタテ落ち。
080319

080320

フロントボタンのアタリ

ボタンの位置がハッキリわかりますね。
080321

股リベット

錆が出て、いい雰囲気です。
080322

トップボタン

テカリが出てきました。
080323

ウエストのつなぎ

マニアックな仕様です。
080324

080325

モモやヒザに付いた汚れ。

なんの汚れだろう?
木の汁?さび止めペンキ?
仕事で穿いているので、色々な汚れがつきます。
080326

080327

080328

ベルトループ

中盛り仕様。
080331

スソのシングルステッチ

ひかえめなパッカリング。
チェーンステッチに比べて、強度が凄いです。
080330

キレイに出たミミのライン

ミミのエッジに沿って白くなっているのは、もちろんいいんですが、
その間に残ったブルーが主張しているのがお気に入りです。
080329

全体的に言える事ですが、とにかく頑丈なジーンズです。
ここまで穿き込んで洗いこんでも、ダメージがほぼなし。
細かいピッチでの縫製、糸や生地の選択などが影響しているようです。

永く穿いてほしい」という気持が伝わってくる、リペア屋さんらしいジーンズだな~と感じています。

denim bridge 更新

関連コンテンツ

スポンサー リンク

Facebook & Twitter

ジーンズネタや更新情報をシェアしています。

2829 views

Instagram

Load More