denimba

デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト

育てるパッチワークリメイクジーンズ by hands-on

ジーンズリペア&リメイクのhands-onさんにパッチワークリメイクジーンズを作ってもらいました。

hands-onさんパッチワークリメイクと言えば、こんな、ボロボロ感を演出したものが思い浮かびます。
dbf35866d72f464b68da7122c5005142
私は、加工ジーンズを穿いた事がありません。自分で色を落としていくのが好きですから。
しかし、リペア・リメイクに加えて加工技術を駆使して作られたジーンズの迫力には、素直にカッコいいな~と感じました。

こんなジーンズを穿いてみたい!と思いhands-onさんに製作を依頼したところ、とてもdenimbaらしいものが出来たので、ぜひご覧ください。

新コンセプト「育てるパッチワークリメイクジーンズ」

IMG_7540
hands-on 店主の山口さんにあれこれ相談している中で行きついたのは、やはり”色落ち”
ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記では、この様に紹介されています。

denimbaと言えば

ジーンズの色落ちを追及したサイトとして有名だと思います。

当店のリメイクには加工技術を入れて 経年変化をさせる事も多いです。

(ベースが濃色ジーンズの場合は特に)

しかし、denimbaさん着用のジーンズに加工を入れても意味がないような気がしました。

やはり経年変化を楽しめるリメイクジーンズを作ってみよう。

そして今回のコンセプトは

「沢山のデニム生地をパッチワーク状にして貼り付けて

それぞれのデニム生地の色落ちの変化を楽しめるような物にしたい」という事にしました。

これは、いいアイデアです。
denimba的にもバッチリ!

それでは、どんなジーンズになったのか細かく見ていきましょう。

全体像

お尻からモモ裏にかけて集中的にパッチワーク。
IMG_7505
ツギハギは本来、穴などの上に生地を重ねていくので、ダメージの出やすいお尻周辺にパッチワークが集中するのは、自然なデザインです。

モモからヒザ下にかけて広範囲なパッチワーク。
IMG_7506
生地の種類、色、重ね方にセンスを感じます。
使われた生地は全部で10種類。全てが新品の生地で経年変化を楽しめます。
私が用意した藍染めの生地が6種類。本藍のデニムが2つ。本藍染めの布が4つ。
1943a7164afe90b5e6d5a9a1fc7f2f4e

hands-onさんで用意した生地が4種類。全て生のデニムです。
0be37cfb72759a9c4c4b1f31b7f09bad

お尻周辺

私が最も気に入っている部分。
作り込みが半端じゃないです。
IMG_7530

バックポケット部分の作りが理解できるでしょうか?
ただ上に生地を重ねたのでは、この様な立体感が出ません。
バックポケットが、見た目にも生きています。
IMG_7533

ちょっと寄って見てみましょう。
身生地の当て布の上にバックポケットが乗っていてとても立体感があります。
消えた飾りステッチをハンドステッチで再現。
IMG_7531

更に寄って見てみましょう。
IMG_7532
作りが分かりましたか?
バックポケットと後ろ身を別々にパッチワークしてあります。
バックポケットを解体して当て布。身生地にも当て布。それを元に戻す事で、立体感のある表情に。
しかも、シャツのポケットの様に柄あわせになっています。
出来が良過ぎて、言わなきゃ気がつかないレベルですね(笑)
IMG_7536
IMG_7537
穿き込むほどに、この作りが効いて立体感が増してくるでしょう。

複雑に重なる生地。
IMG_7534

小窓から覗く濃い藍色。
IMG_7535

藍布とデニムの表情の違い。
IMG_7538

多用されたハンドステッチ。
やや太めの白い糸がそうです。
IMG_7539

フロント

重なり重なり重なる藍色。藍布。
IMG_7507
IMG_7509
分厚くなる部分なので、ハンドステッチはかなり大変だったと思います。
指に針抜きを付けて、一針ごとにペンチで引き抜きながらの作業だったそうです。
この作品(ジーンズ)にかける情熱、職人魂を感じます。

小穴を雑なミシンワークで押さえる。
IMG_7510

生地のロック(かがり縫い)の糸の色が使い分けられています。
白い糸で目立たせたり、青い糸で馴染ませたり。
IMG_7511
ちなみに青い糸は、生地と同様に色落ちしていくそうです。
こだわりを感じます。

ミシンワークもデザインの一つ。

IMG_7512

IMG_7513

IMG_7514

当てたデニムがうねっています。
生地ごとに縮率が違うのでこうなります。
変化のある色落ちが期待できそう!
IMG_7515

ハンドステッチによる凹凸も少し確認できます。
穿き込んで色落ちが進行すれば、はっきり分かるでしょう。
IMG_7516

たっぷり使われたデニム。
それぞれの色落ちの違いが楽しみ!
IMG_7517
IMG_7526
IMG_7527
IMG_7528

細部のデザインまで抜かりなし。
いいアクセントになっています。
IMG_7518

IMG_7519

IMG_7520

IMG_7521

IMG_7522

IMG_7524

IMG_7525

まとめ

hands-on さんは、このジーンズを作る為にどれだけの手間、時間をかけたんでしょうか。
あまりの作り込みに、ただただ圧倒されました。

どんな色落ちを見せるのか?
完全に未知との遭遇状態です。
私の想像をかるく超えそうな予感がしています。

このジーンズは、私の一生の宝物にします。
永く永く時間をかけて色落ちを楽しんでいきたいです。

hands-on

このジーンズを作ったhands-onさんのサイトを紹介します。
豊富な作業サンプルが公開されていて、リペア、リメイク、加工までマルチにこなす技術には驚かされます。
ぜひ、ご覧ください!
hands-on リペア&リメイクジーンズ職人の工房

ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記

16237
Return Top