denimba展2017 in 東京、無事に終了しました。

沢山の皆さまに応援していただいたdenimba展2017 in 東京ですが、無事に終える事ができました。

来場者数は約160名。いつもより少ないですが、その代わりにじっくり鑑賞できたと思います。

展示したジーンズ(持ち込みジーンズを含む)は約90本、35ブランド程の展示となりました。今回は、なるべく多くのブランドを飾ったので、様々な色落ちパターン実例を見られました。

例えば来場者から「ザラザラした生地のジーンズを買いたいんですが、実際、どうですか!?」なんて聞かれれば、
私は、鬼デニムとピュアブルージャパンを取り出して、色落ちの特徴・傾向を実際の色落ちを見てもらいながら解説。合わせて、フラットな生地のシュガーケーンも触ってもらう。

「やっぱ洗わない方がいいですか?」と聞かれれば、
1度しか洗っていないウエアハウスとbridgeを指して、洗わないメリットとデメリットをご説明。そして、会場内の洗濯少なめ、洗濯多めのジーンズをいくつもご案内。

こうして、実際にその目で色々なを見てもらう事で、色落ちへの理解が深まったと思います。
それが、あらためて「ジーンズを育てたい!」という気持ちに繋がっていけばな~と考えています。

denimba展2017 in 東京・2日目オープン前の様子に、会場内の写真をたくさん載せましたが、追加で撮った写真があるのでご覧ください。

来場者が穿いていたジーンズ。右モモのヒゲの入り方が、凄く個性的。

表にジーンズを3本掛けました。ジーンズのブルーは、自然光下が一番美しいかも。

持ち込みジーンズのフルカウント。

持ち込みジーンズ。これは珍しいmade in chinaのフルカウントです。

私が穿き込んだbridge 1st(proto)

Ryoさんのbridge 3rd

金谷さんの穿き込んだEL Canek 812

持ち込みジーンズのダルチザンとササフラス

メーカー提供のJapan Blue Jeans JB0201

壁にずらっと

天井の梁も利用して展示

天井の仕切り壁も利用

壁をジーンズで埋め尽くす

上物はこのジャケット1枚だけでした。強烈な色落ちに皆さん大注目。

机の上もジーンズだらけ。

何人かで一斉に穿き始めたジーンズを並べて

少しでも分かりやすくと、全てのジーンズにメーカー名や品番のメモを添付

気になるジーンズがあったら、自由に広げてもらいました。

忙しくて細かい写真が撮れませんでしたが、ざっとでも雰囲気は伝わったでしょうか?

今回も、来場者の反応を見る限り、期待を裏切らない展示会になったと思います。

最後になりましたが、

クラウドファンデイングを通してご支援いただいた皆さま、SNSやブログでシェアしてくれた皆さま、現場での運営をサポートしてくれた皆さま、そして何よりご来場いただいた皆さま

皆さまのデニムバカ魂のおかげで、無事に大成功で終える事ができました。

一緒にdenimba展を盛り上げていただき、ありがとうございました!!

この展示会が、ジーンズが更に好きになるような機会になっていれば幸いです。

shingo